未経験者のための家族葬情報サイト

家族葬にお坊さんを呼ぶ時に心がけること

家族葬にお坊さんを呼ぶ時に心がけること 家族葬を行うとき、お坊さんを呼ぶことはまず重要なことの一つになりますが、はじめての場合などはどのようにすればいいか迷うことでしょう。
宗派はなにか、檀家には所属して親しいお寺はあるのか。
葬儀は火葬式のみかお別れ会も含むのか。
今は親しくしているお寺がない場合でも、インターネットを使ってしっかりとしたお坊さんを呼ぶことができます。
お坊さんを手配してくれるサービスというものがあり、事前に連絡をすることで法要についてや、手続きの仕方、料金などを知ることができ、宗派がわからなくても対応してくれるところもあります。
僧侶としてしっかりと修行を積んだ方がいらっしゃるので、法要にあったっての礼儀と粗相のないように最低限のマナーをもってお迎えするのがよいでしょう。
お布施に関しては打合せのときに決められた金額を包んで、感謝と共にお渡しすることで大丈夫です。
身内だけ行う家族葬だからこそ大切にして信頼感のある方にお任せしたいものですね。

家族葬でも業者の協力が必要

家族葬でも業者の協力が必要 普段からそれほど付き合いのない遠縁の親戚やご近所などを招くのではなく、家族や親しい友人だけに見送って欲しいと考える人が増えています。
そして葬儀にかかる費用を安く抑えたいという考え方が多くなり、家族葬を選ぶ傾向が強くなっています。
ただ家族葬を選んだ場合でも、葬儀業者に協力してもらったほうがスムーズに葬式を行うことができます。
業者に頼らなかった場合、遺体の搬送や安置まで自分たちで行わなければなりませんし、棺や骨壷、祭壇や花まで全て用意しなければなりません。
近しい人が亡くなっただけでも精神的につらいのに、面倒な雑事を行うのは大きな負担になってしまいますから、葬儀業者に頼むことをおすすめします。
一般的な葬儀よりも家族葬の方が費用や安いですし、親しい人だけが参列するので気を使う必要がありませんから、雑用は全てお任せするとよいでしょう。
葬儀を滞りなく進めるために専門的な知識を持つスタッフが導いてくれますし、焼香案内や葬式そのものを指揮してくれるので安心です。