家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違い 家族葬とは家族や故人と親しかった人だけが参列し、ゆっくりと故人とのお別れをすることができるものとして近年増えている葬儀の方法です。近所の人たちや仕事関係の人たちも呼ぶ一般葬と比較すると、参列する人数はかなり少ないのが大きな特徴となります。

葬儀というと仏式やキリスト教式などの宗教儀式がおこなわれるのが一般的であり、小規模におこなう家族葬でも多くの場合には焼香や読経をする仏式が選ばれていますが、宗教儀式をおこなわないで、もっとその人らしい自由な発想で選んだスタイルでの葬儀も可能です。そんな無宗教葬やお別れ会スタイルの葬儀は、宗教の信仰を持っていない人や、従来の葬儀とは違った雰囲気でお別れしたいという人にも選ばれていて、一般的な葬儀との違いでもあります。

また、基本的に香典のやり取りをしないのも家族葬の特徴で、これにより香典返しを用意する手間なども省かれるため、喪家にとっては負担が少ないのが魅力です。一般葬の場合、料理や返礼品・香典返しなどを準備しておき、当日もおもてなしや挨拶に忙しいものですが、家族葬はゆっくり故人とのお別れをすることができます。

家族葬のメリット

家族葬のメリット 少子高齢化、核家族化、簡素化などの現代においてお葬式の形態も多様化しています。その中でも人気の高まりを見せるのが家族葬です。これは参列者が家族や身近の親族のみの小さな規模のお葬式です。家族がゆっくりとした時間の中で故人をしのびお別れを出来ること、一般葬に比べて費用がとても安く済むこと、準備の負担がないこと、故人の思い出の品や音楽など自由度が高いお見送りができることなど、近年の風潮にマッチしているお葬式の形態なのです。このようなことから家族葬の人気は年々上がっており、それにともない各葬儀場では家族葬のプランを展開しているところがほとんどです。葬儀に必要なすべてのものや事柄をセットにしてあることで見積もりが明確で、そういった意味でも遺族の負担が軽減されています。本当に故人を心から愛し、その別れを惜しみ、感謝を伝えたいと心から願う身内のみで行うお葬式は、遺族の心の整理も付きやすいことも人気の理由です。