家族葬とはいえども礼儀あり

家族葬とはいえども礼儀あり

家族葬とはいえども礼儀あり 家族葬とは、通常のお葬式と異なります。仮通夜、通夜、告別式などを行い、弔問客を受け入れて、香典や供花、弔電、焼香を受け取り香典返しをお渡しするのが通常ですが、家族葬の場合その多くを辞退することがあります。主に、家族、親族、親しい人のみで葬儀を行うため、一般の弔問客をお断りするのがほとんどです。ですが、家族葬を知らない方もいらっしゃいます。おっとりがたなで慌てて弔問に来てしまう方もいらっしゃるでしょう。そうゆうことのないように、訃報にはきちんと何を辞退するのかを明記するのが礼儀であり、親切でしょう。
なかにはそれを知ったうえでもどうしても香典だけでも渡したいと玄関でやりとりしなくてはならない、迷惑な方もいらっしゃるでしょう。丁重にお断りしてもなお、とおっしゃるのであれば、あきらかに先様のマナー違反ではありますが、こちらが折れてありがとうございますと受け取り後日、負担ではありますが香典返しを用意するのも、礼儀であり、人とのつながりを保つコツかもしれません。

家族葬ならではのマナー

家族葬ならではのマナー 高齢者の葬儀が多いため最近急増している家族葬ですが、実際に行うとなると喪主となる側も弔問者側も、マナーの上で様々な疑問に悩まされるようです。故人をしのぶ大切な行事なので双方ともに失礼があってはなりませんが、まず考える上でのポイントとして大切なのは、家族親戚の範囲だけで故人をゆっくり送る会にしたいという喪主側の思いです。この思いに沿って家族葬を行うマナーは決まってきます。
原則として喪主側は通夜も告別式も参列してほしい人意外に通夜や告別式について案内をしないことになります。どうしても知らせなければならない事情がある相手には、参列者は近親者のみで弔問や香典、供花や供物を断るということを伝え、詳しい時間や斎場は知らせないようにします。弔問者側は、参列の案内がない限り通夜にも葬儀にも弔問しません。香典や供花、供物の類もこの時点では行わず、葬儀のあと挨拶状が届いた時点でふさわしいお悔みの気持ちを示すようにします。