全部自力でやるのは大変

全部自力でやるのは大変

全部自力でやるのは大変 近所付き合いが希薄になったことや、高齢化が進んで退職をしてから亡くなるまでの時間が長くなったことなどにより、葬儀を盛大に行うよりも、家族や親族、親しい友人だけで済ませようと考える人が増えています。
葬儀にお金をかけたくないという理由もあるため、家族葬を選ぶ人が多いです。
参列者が少なく、形式にこだわらず自由度が高いということが家族葬のメリットですが、全てを自力で準備するのは大変です。
そこで家族葬を行うときは、葬儀会社に相談してサポート受けることをおすすめします。
さいきんは葬儀会社も家族葬プランを用意しているところが増えており、葬儀に必要な棺や霊柩車、ドライアイスなど必要最低限なものが揃っています。
香典返しや飲食物の料金も含まれており、グレードを高くしたり用意する量を増やすときはオプションで用意することが可能です。
葬儀会社のスタッフが、スムーズに葬式が行われるようにサポートをしてくれますし、セレモニースタッフが司会を行ったり献花や焼香案内をしてくれるので安心です。

家族葬は死亡後いつまでに準備しなければならないのか

家族葬は死亡後いつまでに準備しなければならないのか 家族が亡くなって葬儀をどのような形にしようかとゆっくり考えている時間はありません。
いつまでにという暇もなく、次々としなければならないことが押し寄せてきます。
一般に葬儀場との打ち合わせで最終的に家族葬に決まりますが、実はもっと早く決めておかなければなりません。
それは死去されたということを聞いて、家族葬であることを知らず斎場に来られる方がいらっしゃるからです。
せっかく来て下さっても家族もいらっしゃった方も気まずい思いをします。
家族葬を行なうつもりならば死亡直後からそのことを周りに伝えておく必要があります。
そうすれば家族やごく親しい人の他は遠慮すべきだとわかります。
十分に伝わらない心配があるときには亡くなったという事実そのものも公表せずに隠しておき、葬儀が終わってから周りに伝えるという方法をとることもあります。
葬儀そのものは斎場で行なわれることが多いので家族葬だけに必要な準備はあまりありません。