未経験者のための家族葬情報サイト

家族葬での遺体の搬送

家族葬での遺体の搬送 自宅ではなく病院のベッドの上で亡くなった場合には、まずは遺体を病院から引き取り、自宅まで搬送しなければなりません。
病院は慢性的に患者を受け入れるためのベッドが不足していることが多く、献体や病理解剖などの特別な事情がないかぎりは、ただちに遺族が引き取るようにと病院か念を押されてしまうことも多いといえます。
これは家族葬をすると決めた場合であってもやはり同様です。
もしもマイカーとしてワゴンタイプの車両を持っている場合は、遺体を毛布にくるむなどして遺族が自力で搬送することもあり得ます。
ない場合には家族葬を依頼した葬儀社に相談をすれば、遺体を病院から自宅まで霊柩車または寝台車で搬送してもらえるサービスが使えることがほとんどです。
この場合はすでに家族葬のプランのなかに料金として含まれており、実質的には無料ということもあります。
ただし距離が一定の長さを超過している場合には、キロメートル当たりで別途料金が徴収されるケースもみられます。

家族葬だとお寺に入れない!?

家族葬だとお寺に入れない!? 家族葬は、親族と極限られた知人で行う規模の小さな葬儀ですが、拝金主義の葬式仏教に対して嫌悪を抱き僧侶の読経を省く無宗教型の葬儀を執り行う遺族が多くなっているので寺とのつながりが無く埋葬に困る事があります。
しかし、家族葬を業者に依頼する場合には僧侶の読経を省く旨を最初に伝えておけば、業者の方で埋葬出来る寺を紹介してくれるので埋葬に困る事は皆無に等しいと言えます。
近年では、従来の様に宗旨宗派に従って寺の檀家となる必要や高額な墓石の購入費用及び高額な墓地使用料を払う必要の無い永代供養墓が大都市圏を中心に増加しており、逆に地方にある先祖代々の墓地を墓じまいして現在の住まいから近い永代供養墓に先祖のお骨を移動させる遺族も増加しています。
その為、家族葬を執り行う事で故人のお骨や遺灰を埋葬出来ない事態は皆無と言われ、葬儀直後に埋葬せずに数年手元で供養してから埋葬する遺族も数多くいるので埋葬先に困っても慌てる必要がなくなっています。