未経験者のための家族葬情報サイト

このサイトでは、家族葬の手順と注意点について紹介されています。
遺体の搬送から安置、葬儀が終わるまでの一連の流れを大まかにつかむことができます。
お坊さんを呼ぶ時に留意することや、家族葬の礼儀についても紹介されています。
お寺とも家族や親戚とも、後でトラブルにならないように、礼儀をわきまえておく必要があります。
小規模な葬儀とはいえ、全部を自力で行うことは大変なことが分かります。
事前に情報を集めて、話し合いをしておくとスムーズです。

家族葬の手順について

家族葬の手順について 家族葬は、少人数での式になりますが、手順は従来の葬儀とほとんど変わりません。
接客に追われることなく、ゆっくりと故人とのお別れができますが、親戚や親しかった人の理解が得られないと後々トラブルになってしまうこともあります。
事前でも事後でも、丁寧に説明をし、理解を得る必要があります。
お坊さんについても、菩提寺があれば、まずそこに相談をしましょう。
家族葬であることを伝え、お坊さんの人数や読経に来てもらえるかを確認します。
菩提寺がない場合は、宗派等を確認してからお坊さんを依頼します。
家族葬を考えている場合、葬儀に参列してもらう親族の範囲、お寺や宗派について事前に話し合って、ある程度決まりを作っておくと良いです。

家族葬であることを連絡するときの注意点

家族葬であることを連絡するときの注意点 通常の葬儀は訃報をお知らせし、仮通夜、通夜、告別式、斎場へと流れがありますが、家族葬の場合は少し違ってきますので注意が必要です。
家族葬とは基本的に家族、親族、ごく近しい友人など非常に少人数で執り行う葬送で、一般の弔問客を辞退することが多いです。
献花、香典、焼香、弔電、弔問を辞退する旨お知らせしないと、慌ててきてしまう弔問客の対応に追われることになり、葬儀どころではなくなってしまいます。
家族葬であり、上記のものを辞退するとしっかりお知らせするのが親切でしょう。
また、訃報に葬儀の場所や日時を明記しないというのも手です。
故人が会社に勤めていた場合も連絡をするのを忘れないようにしましょう。
亡くなったが家族葬なので訃報を知らせる部署を限った方が良い場合もありますし、訃報を部署に知らせるタイミングを葬送が終了してからにしてもらう事も出来ますので、事前に話し合っておくと慌てずに済むでしょう。
故人が会社勤めの人の親族や家族である場合も、休暇がでますので故人がつとめている人の誰に当たるのかを説明して休暇を貰うようにしましょう。
あらかじめ葬送方法を生前から話し合っておけばいざとなった場合慌てずにすみます。

家族葬に関する情報リンク

水戸で家族葬を行うなら